皮膚科医を開業してみる

2018年01月28日 15:03転職を考える前に


さて、皮膚科医に関しての情報も今回で最後となります。
これまでは皮膚科への転職に関する情報を主にご紹介してきましたが、今回は医師の一つの目標でもある「開業」について、様々な内容をご紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

皮膚科の医師が目指す開業という選択肢

医師として既に働いている方の多くが一度は夢見るのが自身で開業するというもの。
しかし、以前とは違い、開業さえすればどうにかなるという時代ではないため、開業を目的とした場合は時間をかけてプランを練り、時勢やその土地にあった形態を模索していかなければなりません。
そのため、医師としてのスキルが十分に足りていたとしても、なかなか成功に至ることが難しいのです。

開業を目的とした場合、皮膚科では比較的「成功しやすい」と言われています。
その理由は簡単で、多く美容皮膚科に関するニーズが継続的に高まっているからです。
そのため、もしビジネスとしての成功を狙っているのであれば必然的に「美容皮膚科」を目指すことになるでしょう。

もし開業することができれば、勤務医ではなし得ることが難しかった年収の向上や、自身が希望するような医療を自由に提供する機会に恵まれます。
ただ、先述の通り「誰でも成功することができるわけではない」ことを、しっかりと念頭においておく必要があります。

開業に必要な設備や資金について

まず、開業を検討する際に直面するのが資金問題です。
開業するにあたっては、多額の費用が必要になるため、やはり最初は慎重にいくべきでしょう。
必要な資金については、どのような土地に、どういった設備を整えるのかによって大きく変わってきますので、一概にどの程度〜という話をするのは難しいところです。
一般的な話で言えば、最低でも2000万円程度から、美容皮膚科であれば最低でも5000万円以上は見込んでおいた方がいいと言われています。

レーザー治療器など、美容に関する機器類は単体でも1000万円を超えることがあるため、開業と同時にすべてを揃えるというのは少々ハードルが高く、お勧めは出来ません。
できるだけ、必要なもののみを揃えることをお勧めします。
開業したけれど「投資した金額が回収できない」という事態になることも、もちろん想定をした上で、計画的に進めていくことが大切です。
たとえ腕に自信があったとしても、経営やサービスに関する能力がその方にあるとは限りません。
クリニック同士の競争も激化しているため、安易に開業という道に走らないようにする、という考え方も一つもっておいた方がいいでしょう。

いずれにしても、まずは医師募集の求人をご覧になられ、じっくりと今後の計画を練られることをお勧めします。


転職をするならこの年齢が一番おすすめ

2018年01月27日 19:38転職を考える前に


医師募集の求人をご覧のみなさまにとって、今回の「皮膚科医」に関する内容はいかがでしょうか。
転職を検討している方々の中には、転科を考えてはいるが実際にはまだ決まっていないという方もいらっしゃると思います。
医師の転職と聞くと、少し難しいイメージを持たれている方も中にはいらっしゃいますが、基本的には「勢いで行わない」限りは、大丈夫だと思われます。
あくまでも、少し時間をかけて念入りに計画するぐらいが、もっともいい成果に結びつくのではないでしょうか。

さて、今回は皮膚科医にもし移るのであれば「何歳頃がいいのか」ということについて、少しお伝えしていきたいと思います。

皮膚科医への転職、年齢はどのくらいがお勧めか

まずは、少し過去のデータについてお話したいと思います。
少し前のものいなりますが、厚生労働省が平成24年に提出していた調査の概況によれば、その時点では病院勤務をしている皮膚科の医師は平均年齢が40.9歳だったそうです。
この年、全診療科の中では形成外科医が40.3歳ともっとも若くなっていましたが、皮膚科の医師はこれに次いで平均値が低いということになります。

ただ、これを病院勤務ではなく、診療所勤務として再集計を行った場合には、その他の診療科目と比べても大きな差異がないため、皮膚科ということで考えた場合には、ある歳になってくると「独立、あるいは開業」を行う医師が多いのではないか、という仮説が成り立ちます。

このような点から、皮膚科へ転科することを考えた場合は「できるだけ早い方がいい」と結論付けることができるでしょう。
もともと、医師が最初の転職を検討する時期としては35歳から40歳程度の方が、もっとも多いというデータも出ています。
もしあなたが皮膚科に移ることを考えているのであれば、恐らく早い段階で検討されるのがいいのではないでしょうか。

または関東在住であれば、良質な案件の増加している千葉県のドクター公募ページから案件を比較して求人への応募を検討するのも手段の一つでしょう。

皮膚科に転科するのに最適なタイミング

基本的には早い方が良い、というように先ほどは結論付けましたが、出るにしてもやはりタイミングというものがあります
具体的に言えば、求人が出やすいタイミング、つまりいい仕事を探すのに適した時期があるということですね。
その時期であればより多くの求人情報から探すことができるため、より自分にあった職場を見つけることが容易となるでしょう。

もっとも多いとされる時期は2月から3月、また、9月も次いで狙い目となっています。
もし皮膚科を検討するのであれば、ぜひこの時期にポイントを絞ってみてください。


皮膚科医の給与事情を告白

2018年01月26日 17:42転職を考える前に


ここまで、皮膚科医に関する様々な情報をお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。
気になっていた点や、必要な情報など、いずれも医師募集に関して転職先を探している方にとっては必要なものばかりだと思います。
さて、続いては皆さんにとって重要な「皮膚科医の給与事情」について、お伝えしたいと思います。

皮膚科で働く医師の年収などについて

ある調査によれば、皮膚科で働く医師がもらっている平均的な年収はおよそ1500万円程度という結果が出ています。
この金額は医師の給与相場からみれば、平均的な額と言えるでしょう。
つまり、医師の給与としては高くも低くもないということですね。
この平均金額から算出すると、月収あたりは約100万円程度ということになります。

では、実際の求人に関してはどうでしょうか。
求人サイト等によってデータ統計は多少異なりますが、あるサイトにおける結果では、皮膚科医に関する全求人の40%強が「年間1400万円から1600万円程度」の求人となっていることが明らかとなっています。
つまり、求人そのものも先ほどの平均値と非常に近いという事が明らかとなります。
続いて多いのが「年間2000万円以上」を上限としている求人です。
これは35%ほどありますので、皮膚科であっても年収2000万円オーバーは決して夢ではないという事実が浮き彫りになった形です。

では、逆に下限値でみてみるとどうでしょうか。
実際に求人状況を確認してみると、1000万円以下と設定されている求人も非常に多いことがわかります。
ただ、あくまでも設定上の下限であるため、1000万円を確実にきってしまう、ということでもありませんので、その点では注意が必要と言えるでしょう。

ここまでの結果からは、転職先として皮膚科医を選択した場合は、何か特殊な状況などでなければ、それほど収入が大きく変化する可能性は低いであろうことが予測されます。
比較的、自分自身の時間を持つ事ができるというメリットを考えれば、とても有り難い結果と言えます。

皮膚科で高収入を狙う方法はあるのか

これは、結論から言えばあります。一般皮膚科ではなく、美容皮膚科であれば自由診療の方が強いので、人気があるクリニックなどでは高収入を望むことができるでしょう。
つまり、高収入を狙うのであれば医師募集で美容皮膚科を目指すことがお勧めということになります。
特に皮膚科専門医としての経験を積まれているのあれば、転職にも有利です。


資格を取得して転職にも有利に

2018年01月25日 16:21転職を考える前に


今やどの診療科目であっても「専門医であるかどうか」ということが、一つのポイントとして注目されているのではないかと思います。
従来は今ほど細分化されることはなく、専門医という形式も一般的ではなかったように思いますが、近年では医師のみならず「○○専門医資格取得医師」であるかどうかが、医師としてのクオリティを判断するための一つの基準となっているようにも感じます。

つまり、現在の状況においては皮膚科医であっても「専門医の資格取得」を行うことによって、転職にも有利に働くであろうことが分かります。
医師募集に関して、皮膚科医の求人を探しておられる皆さまに、今回は「資格取得」に関する情報をお伝えしたいと思います。

そもそも専門医の資格は必要か

さて、ここまでを読まれて「それほど専門医の資格が必要なのか」と疑問をもたれる方もいらっしゃると思います。
確かに、標榜できるだけであれば魅力を感じないと仰る方もいると思います。
しかし、実は皮膚科専門医がいる施設でなければ行うことのできない医療行為もあるのです。
つまり、「皮膚科の専門医」ということ自体に一定のニーズが存在しているということですね。
転職を有利に進めようと思えば、資格を持っていることはある意味でマストな要件と言えるかもしれません。

皮膚科専門医について

日本皮膚科学会の専門家MAPを見ると一目瞭然ですが、皮膚科の専門医は平成23年の段階でも6000名おり、毎年200名前後の専門医が誕生しています。
皮膚科の専門医が必要となる理由ですが、病院が「研修施設認定」を受けるためです。
つまり、病院からすると「専門医がいるかどうかでできる事が大きく変わってくる」ため、必要であるということですね。
では、どうすれば皮膚科専門医になることができるのか、その概要等についてお伝えしたいと思います。

まずは、日本皮膚科学会に入会を行い、研修を開始します。
必要な期間は最低でも5年間。全国に設置されている主研修施設において1年間以上の研修も必要となります。
これらの研修を全て修了したのち、特定の条件を満たすことが必要となります。
その条件には、経験症例数、手術数、講習会への酸化、論文執筆などの規定があり、その他にも責任指導医の推薦書、 が必要となります。

これらを全てクリアすることによって資格認定となりますが、その後皮膚か専門医試験に合格することが必要となるため、最後まで気を抜くことはできません。
とは言っても、皮膚科の診療に従事している方であれば、基本的にはそうそう落ちることもありませんので、やる気さえあれば取得することが可能であり、難易度自体は決して高くありません。


気になる皮膚科医の1日の仕事の流れ

2018年01月24日 15:38転職を考える前に


皮膚科医の医師募集を探している皆さんにとって、皮膚科医の一日の流れは気になるポイントの1つではないかと思います。
他と比較するとあまり忙しくないようなイメージがありますが、だからといって時間に余裕があるわけでもありません。
では一体1日を通してみたときに、どのような仕事を行っているのでしょうか。

医師求人も少なく、比較的人気の皮膚科医事情。

少しまとめてみましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

1日の仕事の流れ、仕事の内容について

基本的には医療機関で働いている場合は、外来患者さまへの対応が主な業務となります。
通院されている患者さまの診察や検査、治療ですね。
必要な準備などに関しては、概ね看護師の方が行ってくれるため、医師は自身の仕事に集中することができます。
診察、治療、カルテ作成、データ管理といったところが仕事の大半と言えます。

ただ、さらっとした印象を受けがちな皮膚科であっても、普通のシミに見えるようなものが皮膚がんである可能性もあるため、判断に関しては慎重に行う必要があります。
皮膚が専門とはいえ、患者様の命に関わるケースも少なくはありません。
また、入院施設などがある場合には、別途入院されている方への対応も発生します。
基本的にはアトピー性皮膚炎などで通院されてくる患者さまの対応が多いので、これらに関する経験数が多ければ、転職の際に有利になると思われます。

ちなみに、これが美容皮膚科となればまた話は変わってきます。
命に関わるような事はほとんどありませんし、来られる方の多くは美に関する悩みを抱えてこられます。
脱毛やアンチエイジングに関する施術、肌をキレイに維持するため施術などを行うことがメインの業務となるでしょう。
ただ、美容業界にはありがちですが、「ミスや成果に対するクレーム」が増えてしまう傾向があるので、命に関わらないから楽だとは決して言えないでしょう。

まとめ

緊急で行わなければいけない手術や救急の受け入れなども発生することはほぼないことから、朝早くに出勤し、準備を行わなければいけないケースなどは少ないでしょう。
出勤後は様々な準備を行ってもらうことができるため、受付が完了している方のカルテなどをチェックして、診察が始まります。

午前午後と分けて診察を行うのも、基本的に他の科と同じです。
他の診療科目と比較すると、基本的には1日を通してあまりバタつくようなこともなく、穏やかに仕事に専念できるのではないかと思います。


身近になった美容皮膚科により皮膚科医が必要とされている

2018年01月23日 14:02皮膚科医について


先ほどもお伝えした通り、皮膚科のニーズが増加している背景には美容皮膚科の存在があります。
皮膚科そのものは大きく変化していないものの、若い人たちを中心に利用者の増加が生じているため、今後も皮膚科医の需要自体も高まっていくものと考えられます。
そういった点も含め、医師募集を日頃ご覧のみなさまに、今回は「皮膚科医がどの程度必要とされているのか」その内容について、少しご紹介したいと思います。

働きたい医師にとっても美容皮膚科は魅力的?

もともと皮膚科のお仕事自体は、医師にとって魅力的と呼べるものです。
その最たる理由はプライベートを大切にできるという点でしょう。
一般的に医師のお仕事は休日と呼べるものがなく、皆さんはそれぞれ忙しい日々をおくっています。
たまの休日にも急に出勤が決まってしまう、そもそも休日を自由にとることができない、そういった事情を抱えている医師は本当に多いのです。

このような事情から、プライベートな時間を大切にできる診療科目はいつの時代も医師から人気を集めています。

皮膚科では休日出勤そのものが少ない傾向がありますので、ワークライフバランスを重視する若い世代を中心に支持を集めています。
もちろん、他の科よりもハードではない、ということであり緊急外来が全くないわけでもありませんので、その点は注意しておきたいところです。

皮膚科にみる将来性

医療業界全体をみてみますと、将来性を強く感じる科とそうでない科とにわかれてきます。
ニーズが高まっているからと言って、そこに将来性があるかと問われれば、それは必ずしもイコールにはなりません。

その点、皮膚科に関して言えば将来性が十分に期待できます。
その理由としては、自由診療である美容皮膚科のニーズが高まっているためです。
一般の皮膚科であれば病気となった患者様を対象にするため、基本的に大きく伸びるようなことはないでしょう。

しかし、美容1系の皮膚科であればニーズの高まりは「人々の嗜好」と直結しているため、一時的なニーズの高まりでないことが明らかであるからです。
また、美容皮膚科であればある程度、大きな病院などで経験を積んだ後は開業を目指すというステップも現実的です。
今は昔と違い、医者が開業すれば儲かるといった時代ではありませんが、やはり一部の診療科目においては「成功する可能性が高い」という事実があるのです。
そういった所からみても、皮膚科には十分な将来性があると判断することができるでしょう。


  • 1