転職をするならこの年齢が一番おすすめ


2018年01月27日 19:38


医師募集の求人をご覧のみなさまにとって、今回の「皮膚科医」に関する内容はいかがでしょうか。
転職を検討している方々の中には、転科を考えてはいるが実際にはまだ決まっていないという方もいらっしゃると思います。
医師の転職と聞くと、少し難しいイメージを持たれている方も中にはいらっしゃいますが、基本的には「勢いで行わない」限りは、大丈夫だと思われます。
あくまでも、少し時間をかけて念入りに計画するぐらいが、もっともいい成果に結びつくのではないでしょうか。

さて、今回は皮膚科医にもし移るのであれば「何歳頃がいいのか」ということについて、少しお伝えしていきたいと思います。

皮膚科医への転職、年齢はどのくらいがお勧めか

まずは、少し過去のデータについてお話したいと思います。
少し前のものいなりますが、厚生労働省が平成24年に提出していた調査の概況によれば、その時点では病院勤務をしている皮膚科の医師は平均年齢が40.9歳だったそうです。
この年、全診療科の中では形成外科医が40.3歳ともっとも若くなっていましたが、皮膚科の医師はこれに次いで平均値が低いということになります。

ただ、これを病院勤務ではなく、診療所勤務として再集計を行った場合には、その他の診療科目と比べても大きな差異がないため、皮膚科ということで考えた場合には、ある歳になってくると「独立、あるいは開業」を行う医師が多いのではないか、という仮説が成り立ちます。

このような点から、皮膚科へ転科することを考えた場合は「できるだけ早い方がいい」と結論付けることができるでしょう。
もともと、医師が最初の転職を検討する時期としては35歳から40歳程度の方が、もっとも多いというデータも出ています。
もしあなたが皮膚科に移ることを考えているのであれば、恐らく早い段階で検討されるのがいいのではないでしょうか。

または関東在住であれば、良質な案件の増加している千葉県のドクター公募ページから案件を比較して求人への応募を検討するのも手段の一つでしょう。

皮膚科に転科するのに最適なタイミング

基本的には早い方が良い、というように先ほどは結論付けましたが、出るにしてもやはりタイミングというものがあります
具体的に言えば、求人が出やすいタイミング、つまりいい仕事を探すのに適した時期があるということですね。
その時期であればより多くの求人情報から探すことができるため、より自分にあった職場を見つけることが容易となるでしょう。

もっとも多いとされる時期は2月から3月、また、9月も次いで狙い目となっています。
もし皮膚科を検討するのであれば、ぜひこの時期にポイントを絞ってみてください。